いてつく荒野でのキャンプでの姿彼らを襲ったのは残虐性を超えたものです満足して眠っていたその日は思いもよらず幸運に恵まれ独房に入る音が無くて開拓地に送られることがなった夕食の飯を一杯食べて班長が都合のよいレートを決めて壁つくりに楽しかったしのこの刃をパクリ夜には夜食を食するのまきタバコも吸えたしそれにひどい病気にもならずにすんだ今日はしあわせな日だったこれと同じような日があればよいハンマーをがんがんたたく音起床の合図だこのような家畜同然に労働をするのは生き残るためだその体験を罪を悔いても罰に天案じて簡単にあきらめるのでなくてむしろ芸術家のように活気にあふれて姿勢をもち現実に立ち向かい一瞬一瞬にできるだけの生きがいを見つけるのだ日本におけるひどい体験を生き抜いた人はほとんど同様である国の奴隷であれ刑務所の人であれその時点で状況の下芸術的で活気にあふれて心の持ちようが大事だ自分自身をだめにする姿勢をとることを否定するのだ